敷金のカットは難しい?

はじめに敷金についてですが、この費用に関してはカットが難しいと言えるでしょう。というのも敷金は何かあった時の担保であり、例えば家賃の未払いや退去時の修繕費用などに使用する目的で支払いが求められます。保証金のような位置づけゆえに、賃貸契約の際になくしてもらうことは難しいのです。そもそも退去をする際に戻ってくるお金でもあるため、カットをしてもらうメリットは低いと言えます。また、敷金の支払いが難しいとなると、経済的に難があると判断され、入居審査で落ちてしまうこともあるのです。

礼金のカットはできることも!

礼金についてはカットできる可能性があります。敷金と違い、必須の存在というわけでもないため、大家さんや物件の所有会社によっては、相談次第で対応してくれることもあるでしょう。特に、入居者がなかなか入らない不人気物件の場合は、融通をきかせてくれることもありますので、支払い総額を節約したい場合は相談をしてみるのも良いかもしれませんね。

ゼロゼロ物件を選ぶのもアリ!

敷金礼金の存在が気になるようなら、いわゆるゼロゼロ物件に狙いを付けてみるのも良いでしょう。こうした物件は敷金礼金が最初から不要になっており、入居時の支払い費用をコンパクトに抑えることができるのが特徴です。ただし、敷金の支払いをしないということは、担保がないということですので、後に困る可能性があるのがデメリットです。事前に敷金を払う物件ですと、退去時に修繕やクリーニングが必要になっても敷金の分から支払うことができますが、ゼロゼロ物件はそれができないため、部屋を出る時に高額の支払いが発生することもありますよ。

北海道の賃貸物件は大都市の札幌が数も多く家賃も高めです。旭川の賃貸はそれに比べ安めです。物件数は比較的多めです。