賃貸住宅の選び方は十人十色

賃貸住宅に入居する時、何を基準にして物件を選ぶかは人それぞれ違います。家賃の価格・周辺環境・間取りなどご自身が優先にしたいことを考えてから、条件に見合った物件と探しましょう。

部屋を広く使うために欠かせないものとは?

賃貸住宅で部屋を広く活用するには、収納クローゼットがあらかじめ備わっている住宅だと生活スペースを広くすることができますね。収納クローゼットが無くても、2部屋以上の間取りであればどちらかを物置として活用するのも手です。

家族構成に見合った物件を選んで快適に暮らす

おひとりであれば1LDKのお部屋でも生活に不自由はありませんが、家族が多くなるほど必要となる部屋数も必然的に多くなります。ご夫婦だけなら1LDK以上、家族3人だと3LDKと家族構成に見合った物件を選べば快適な暮らしを送れるでしょう。

自由に使える賃貸の設備

賃貸住宅にあらかじめ備わっている設備は、テレビアンテナ・エアコン・システムキッチンと生活を送るうえで必要なものが備わっています。設備を使用する場合の電気代やガス代といった光熱費は別途必要ですが、もし備品が故障した時は管理会社や大家にいえば新しいものに取り換えてくれるので、自分で買い替える必要がありません。

北海道の物件はここが違う!

北海道の賃貸物件の特徴は、二重窓・床下暖房と厳しい寒さでも快適な暮らしを送れるようになっています。また、本来は光熱費は家賃とは別に支払わないといけませんが、北海道の場合は暖房用の石油料金は家賃に含まれているのも特徴的です。石油は物件の外にある大型石油タンク内に貯蔵されていて、物件全棟で共用になっています。

江別の賃貸住宅は4LDKの広いスペースと、約4坪の庭も備わっているので家族で暮らしても快適になっています。