静かな人気の小さな賃貸住宅のセカンドライフ

子どもの独立を機に、夫婦2人の晩年を小さな賃貸住宅で暮らすライフスタイルは、家賃などの固定費を抑え、自分たちの趣味などを満喫できるメリットで、静かに注目を集めています。ここでポイントとなるのが、2人入居が可能な、基本1人入居用物件の探し方です。こうした家主との交渉が必要な情報に関しては、必ずしもネットや情報誌上に詳細が明記されているとは限りません。

こうした空き物件が期待できるのが、駅から多少距離がある、空室率が高い、築年数がある程度経過している建物です。家賃収入を確保したい家主側が、特例として譲歩してくれる可能性が期待できます。ネット情報だけに特化した探し方ではなく、斡旋業者の店舗に足を運ぶことで、担当者から直接物件情報を得る作業をおすすめします。

若いカップルが2人入居可能の物件を探す際の注意点

結婚を視野に入れて、もしくは現在のパートナーとの共同生活を視野に、1人入居物件を探す若い方々の場合、後々のトラブル対策を視野に入れた注意点が少なくありません。家主や管理業者に無断での2人暮らしは、歴然とした契約違反であり、最悪退去を含めたペナルティーが科せられても文句は言えません。こうした事例は数多く、貸主側が神経を尖らせている一方、借りる側の意識が薄い傾向が否めません。

また1人用賃貸物件は、各部屋の話し声などの生活音の発生が少なく、家族が暮らす集合住宅と比較して、静かな環境が保たれています。運良く契約可能な空き物件を内覧できた際には、特に音に関するチェックを入念に行いましょう。室内からどの程度音や振動が漏れるのか、隣接する部屋からはどうなのかなど、同伴の営業担当者にも協力を仰ぎ、疑問点や不安点を残さないチェックを実践してください。

室蘭の賃貸マションは駅前と国道沿いに集中しているため、生活しやすい立地となっているのが特徴になっています。