光熱費を一本化して節約できる

オール電化の賃貸物件を選ぶメリットは光熱費を一本化できることです。電気とガスを使っているのが一般的ですが、ガスを使わないで生活できるようになるのがオール電化の特徴と言えます。現在ではエネルギー源として電気と都市ガスの単価にはあまり違いはありません。プロパンガスを使うのに比べると電気の方が安いという程度になっています。プロパンガスのエリアなら光熱費を削減できるというのはわかりやすいでしょう。しかし、都市ガスのエリアであっても少なくともガスの基本料金分くらいは安くなります。特に使用するガスの量が少ない場合には割合として基本料金の比率が高くなりがちで気になっている人もいるでしょう。光熱費を一本化すると上手に節約できるのです。

安全面でもメリットが大きい

賃貸で生活をしているとたとえ自分がミスをしなくても、隣の部屋で火事を起こしてしまったら被害に遭ってしまう可能性が高いでしょう。オール電化のマンションやアパートに住むと自分も他人も火災を起こすリスクが低くなり、より安全な住まいを手に入れられるのがメリットです。ガスを燃やすことが一切なく、ガス漏れによる爆発などのリスクもありません。火災が起こるとすれば漏電やタバコくらいしか原因になることはないでしょう。火がないというだけで安心な生活になるというのは想像できない人もいるかもしれません。しかし、火災の原因がガスコンロの火を付けっ放しにした、古い給湯器が火を吹いたといったケースもあるので、オール電化にすればかなり安全性が高まるのです。

千歳の賃貸を探しているなら、理想的な家賃を明確にすることが秘訣です。収入の3分の1を目安にすれば、生活にゆとりを持つことができます。