材料の種類は増やさないようにする

家造りをするためには、それぞれの場所に様々な材料を使う必要がありますよね。そんな材料にかかってくる費用は思ったよりも高いことが多いのですが、使う材料の種類を増やせば増やすほど当然費用も高くなってしまいます。このためローコストに抑える場合は材料の種類をできる限り抑えて、品質の高さを重視することがおすすめです。特に普段目につかないところは見た目にこだわる必要はないため、目に見えるところやこだわっている部分を意識することが大切だと言われています。

家具は既製品にすることでコストカット

作り付けの家具を利用すると便利ですしインテリアとしての統一感も演出できるので、メリットはたくさんあります。ただ作り付けの家具は単価が高いため、利用すればするほどコストがかかってしまうのです。そのため必要最低限の部分のみを作り付けにして、あとは既製品を購入した方が思ったよりもコストを抑えることができます。キッチンの場合はある程度必要なのでコストをかけておき、それ以外は既製品で安いものを仕入れた方がお得です。

建物をできるだけ四角にして面積を抑える

家造りをする上でコストがかかる部分は色々ありますが、その一つに家の面積があります。家が広くなれば広くなるほどコストが上がりますし、1階と2階の構造が異なってくるとさらにコストが上がりがちです。このような点を踏まえて、家作りをする時には丸い形よりも四角い形にするなど、基礎面積をできるだけ抑えることが大切だと言われています。また1階と2階の構造もできる限り近付けて統一感を出せば、快適な空間を維持しながら安く家造りをすることができます。

2000万の家を頭金1000万円で購入した場合、月々のローンは3000万円の家を買った場合と比べて大幅に安く済むので心にゆとりを持って過ごせるでしょう。