注文住宅は建材や間取りを自由に設定できる

家造りは理想のマイホームを形にする最適な方法として知られています。一般的な建売住宅はすでに完成している物件を購入する形になりますが、注文住宅は建物の間取りや外観、さらには使用する建材の種類までを建て主が設定できるのが特徴です。画一的では無い、自分の理想をマイホームに反映させることができるメリットがあります。特に建材を建て主が決められる点は環境や健康に配慮できる魅力があるのです。安価な建材は防腐剤などの薬剤を使っているため、居住者が健康被害に見舞われる可能性は否定できません。また、建材の加工に用いる薬剤が環境破壊に繋がると問題視されています。注文住宅はそのような建材を避けることができるので、安全で健やかな暮らしを営むのに最適なのです。

予算の決め方に気を配ることが肝心

家造りで意外と軽視されがちなのが予算の設定です。注文住宅ではあらゆる事柄を建て主が設定できるので理想を最優先にする傾向があります。しかし実際には建材の品質や建物の安全性を保つための補強など、様々な要因で予算が高額になることも珍しくありません。理想ばかりを追い求めた結果、最初に決めた予算を遥かにオーバーするケースもよくあるトラブルなのです。マイホームは家族の憩いの場であり、一生モノの大きな買い物です。だからこそ理想を追い求めるのは自然な流れですが、現実問題である建築予算は慎重に決める必要があります。マイホームを建てた後も家族の暮らしは続くので、居住性や金銭の管理を考慮して家造りに臨む姿勢が重要なのです。

3000万の家は、一軒家を持ちたい場合の平均的な予算だと言えるでしょう。この予算であれば、内装にもこだわることが出来ます。